2007年7月17日火曜日

巡回


休日は図書館巡りの日。ブログ等で紹介されていた良書は、取り敢えずその場で図書館に予約を入れて、休日になると取り置きしてもらっていた本を回収して回るのが、毎週の決まり事のようになってしまった。そして、それだけでは時間が惜しいので、ウォーキングも兼ねての図書館巡りをするようになってしまった。

このごろの図書館は、どこもネットで予約が可能になったので、近隣の町も含めて読みたい本はすべて図書館から借り出すことにしている。そして読んでみて本当に必要だと思った本だけ、改めてネットを利用して購入することにしている。こうすることで本屋で無駄に立ち読みをする必要もなくなり、余分な出費をすることもなくなったけれど、逆にそれは出版社や書店にとっては厳しい状況を生み出しているのだろう。

今日は隣町の図書館まで遠出。40年前にできた古い図書館だが、ここは雰囲気がいいのでお気に入りの図書館である。きっと昔は、夏は受験生で一杯だったのだろうが、いまでは一線をリタイアした年配者たちが主なユーザーになっている。帰りは緑深い遊歩道を歩きながら、スナップ写真を撮る。もう少し行くと樋口一葉の墓所がある。お札の肖像画になってしまって、一葉はきっとあの世で苦笑いしているはず。

0 件のコメント:

コメントを投稿

「雨あがりの街」

昭和もそろそろ終わろうかという頃だったか、新聞の投書欄に面白い記事が載っていたことを覚えています。投書主は会社勤めの女性で、ランチタイムにときおり蕎麦屋で日本酒を飲むという内容でした。 ストレスの強い部署にお勤めなのか、その日はいつもの社員食堂ではなく、敢えて誰も知らな...