2007年7月25日水曜日

新しいトート

 
Posted by Picasa

ビジネスバッグというものが性に合わなくて、特別に必要がない限りトートバッグを愛用している。書類だろうがパソコンだろうが、とにかくざっくり放り込んで、ひょいと肩に掛けて運ぶという軽快さがいいのだ。それによほどのものでない限り、何でも収容できるというのもありがたい。仕事帰りに食料品店に立ち寄り、バケットや酒瓶などを突っ込んで家路を急ぐというのもトートバッグならでは。そのようなわけで、わたしは海外にでもトランクの他に、使い慣れたいつものトートを持って出かけるのが習慣だ。

今回の京都行きには、手ぶらで回るつもりだったので、トートバッグを持たなかった。だけど観光しているうちにやっぱり必要になってしまって、一乗寺の書店にあったオリジナルトートバッグを購入することにした。必要に迫られて仕方なく入手したものだが、使ってみるとこれが意外に良い。厚手のしっかりとした帆布に、丈夫で長めの持ち手。そして通常のトートバッグよりややスリムなので、肩に掛けて使うのにぴったり。それに底面の両角にカーブをつけているので、結構おしゃれでスマートに見える。本屋のトートにしては上出来、いい京都土産になった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

「雨あがりの街」

昭和もそろそろ終わろうかという頃だったか、新聞の投書欄に面白い記事が載っていたことを覚えています。投書主は会社勤めの女性で、ランチタイムにときおり蕎麦屋で日本酒を飲むという内容でした。 ストレスの強い部署にお勤めなのか、その日はいつもの社員食堂ではなく、敢えて誰も知らな...